サルサとメイク、水の泡になる努力


doryoku今のレベルや才能のあるなしに関わらず、サルサを上達したいという偽りのない思いを持つ方へ贈る、上達のヒント。

ちょっとした汗でどろどろに溶け落ちるメイク・・・見たことがあります。私達がペアを組み始めた頃の話。メイク初心者だったパートナーのもっちは、パフォーマンス用メイクに軽く3時間程かかっていました。そして本番前、ウォーミングアップでちょっと踊るとアイシャドウが溶け出してドロドロ・・・もう時間がないからそのままパフォーマンス!なんてことがありました。「汗をかくと落ちちゃう!もう、メイクは嫌!!」となって散々・・・。

でも、原因があったんです。メイクは下地7割ともいうそうで、下地作りをちゃんとしないとなかなかメイクがのらなかったり、すぐに崩れてしまったりします。その頃のもっちはメイクの下地作りの大切さがわからなかったので、3時間かけたメイクが5分で水の泡になる結果になっていたのです。そんなの嫌!ありえない!と思うでしょうが、それをサルサでやっている人が多くいます。

メイクの下地作りは、サルサの体作り。体作りをしなければ、いくら努力してもなかなか上達できない。逆にそれをしていれば、楽に着実に上達できるんです。知らずに何年も踊り続けて、上達ができない、才能がない、向いていない、と諦めてしまっている人はいませんか?

だから私達は、体作りにフォーカスしたクローズドクラスを開催しています。クラスの前半のウォーミングアップで、不要な筋肉の緊張を緩め、必要な筋肉を刺激して、体をリセットします。そうすると後半のサルサのレッスンの効果が何倍にもなるんです。

定期的に自分の体と向き合うことで、上達への道を開いてください!